自分の自由を侵略する人から身を守ろう

「自分の心に素直に従い、自由に生きる事」がモットーの自由もよ子です。

自由に生きるとは、自分らしく自分の人生を生きるという事。自分の意思で自身の道を歩んで行く事です。

他人に束縛され、自分の意思に反した行動を人にされたり、強制的にさせられたりする事は、自分の人生にとって害悪でしかありません。それは、絶対避けたいですよね。

人の大事な自由を他人が奪う権利は無いです。けれども世の中には、自分さえよければ他人はどうでもいい、または、他人の自由は自分が奪っても何ら問題ないと潜在的に考えている人が大勢います。

そんな人物から身を守らなければ、自分の自由は簡単に奪われてしまいます。気をつけないと、大切な時間や精神的なゆとりが消えて行ってしまいます。そして、最悪の場合は自分の人生が自分が望まない方向へと進んで行きます。

自分の自由を脅かす人とはどんな人か。

私が考える、自分の自由を侵略する危険人物について、ご説明していきます。

      

        

宗教のような起業サークルの勧誘

友人を通して親しくなり、月に1回は会う仲になっていた女性が以前いました。

けれども親しくなった途端、謎の企業サークルに勧誘され、無理やり加入させられそうになりました。

仲良くなった分、この為に私に近寄ったんだなと感じて精神的ダメージを受けました。

自分が良いと思っているからといって、他人にも無理やり強いるのは、一種の宗教でしかないと思っています。

この時、私は徐々にフェードアウトできる状況ではなかったので、スパッと関係を絶ちました。

自分の人生を狂わす恐れがある人とは、きっぱり関係を断つ事も時には必要だと思います。

    

束縛する友人や恋人

まるで所有物のように自分の思い通りにしたいという独占欲の強さを感じさせる、友人。

24時間監視をしたり、ストーキングをしたりする恋人。

そんな友人や恋人は、自分の自由を脅かします。

大切な人だから邪険に出来ないと感じ、そのままお付き合いをしていると、相手のペースにどんどん飲まれこんでしまいます。そして、最後にはかなりの精神的ダメージを受けます。恐ろしいですよね。

そんな事態を防ぐ為には、相手のペースに飲み込まれない事が大事だと思います。

束縛をされたら、「私はいやだ」「その行為は嫌い」と意思表示をする事が、そういった人たちのペースに飲まれにくくなると思います。

それでも無理だったら、その方と離れた方がいいと思います。身の危険を感じたら、自分の身を守る為に全力で逃げるべきです。

(ちなみに、私は昔から人にべったりされるのが苦手だったので、そんな自分を察してか、束縛する友人や知人はいませんでした。)

     

人のメリットを顧みない、無理やり営業マン

仕事とは言えど、相手のメリットを考えずに営業されるのは、時間の無駄でしかありません。

営業の電話がかかってきた場合は、典型的な営業だなとすぐに分かります。

けれども、SNSでメッセージやDMが来た場合も注意が必要です。

普通に仲良くなる、繋がる為に連絡がきたのかなと思った場合でも、実は営業だったという事も少なくありません。

そういう方は、いきなり「電話しよう」と言ってきたり、「これだけ稼ぎました」などと一方的に言ってきたりする事が多いです。

私は、その場合、なるべく穏便に連絡を返して、フェードアウトしています。

      

自分の自由を守るために

自分の自由を脅かす人とはどんな人なのか、お分かりいただけましたでしょうか。

そういった方から身を守るには、まず、自分の自由を侵略する危険人物だ!と気づく事です。

「この人、ちょっと怪しいぞ」という勘を養いましょう。

自分の自由を脅かす人の言動や行動には、「他人の自由は自分が奪っても何ら問題ない」と考えているエッセンスが含まれています。

それを感じられるようになると、いち早く対処できると思います。

そして、そういった人に自分の自由を奪われそうになったら、「自分は嫌だ」と意思表示してください。

それでも対処出来ない場合は、距離をとったり、時には全力で逃げる事も大事だと思います。

自分の自由を守り、自分が望む人生を歩んでいきましょう。