古典って面白い!が分かる漫画|本日もいとをかし!! 枕草子

古文の授業で出てくる、「枕草子」

「受験性の時に、勉強していたなあ」という思い出程度歯あるものの、

正直なところ、中身が全く思い出せません。(勉強していたはずなのに…)

  

なんだか難しそうだなと思っていたのですが、

ポップでコメディー感あふれる表紙にそそられて、購入したのが、

「本日もいとをかし!! 枕草子 」というコミックエッセイ。

  

 読んだ感想を、正直にお伝えしていきます!

  

  

「本日もいとをかし!! 枕草子 」のあらすじ

本日もいとをかし!! 枕草子

古典だからと倦厭されがちな『枕草子』。実際は、清少納言のするどい観察眼が冴え渡る秀逸の女性エッセイ。これを、人気イラストレーター・小迎裕美子がコミックエッセイとしてよみがえらせる!

本日もいとをかし!! 枕草子 (日本語) 単行本より

「枕草子」を漫画で分かりやすく描いたコミックエッセイ。

約300段もある中から、著者が「共感した!!」という部分のみ、漫画にしてまとめた作品。

ザ古典!というお堅い感じがなく、面白くてサラッと読めちゃう、新感覚のコミックエッセイです。

    

     

「本日もいとをかし!! 枕草子 」の感想

枕草子などの古典は、昔の人が書いたものだし、

当時の価値観と今の価値観って全然違うんだろうな〜〜と思っていましたが、

めっちゃ分かるぅぅ〜〜〜( ̄ー ̄(_ ( ̄ー ̄( _」

というところが多く、驚きました。

       

特に、ナゴン(清少納言)が、男について語る箇所には超共感しました。

・美人でよくできた恋人を捨てて、不細工で性格の悪いブザマな女を妻にする、男の不思議さ。

  

現代でも割とあるあるですよね〜〜〜。

美人で性格のいい彼女と別れて、容姿が微妙な小悪魔女子とゴールインしちゃうパターン。

1000年も昔にも、同じ現象があるとは!!

  

あと、これも、「めっちゃ分かるぅぅ〜〜」と思いました。   

・(下流階級の)自分の苦手な女が恋をしている男性は、なんだかその男性の株までも下がったように思う。

      

私も自分の苦手な人が好きな芸能人は、その芸能人の株までも下がった気がします笑

芸能人は何も悪くないのだけど笑

    

自分の事を棚にあげながら 他の人をdisりまくる、正直すぎるナゴンの意見が

なかなか面白かったです。

毒舌かつシニカル、なのに面白いと読者に感じさせるセンスがあります。

      

古典とか難しい事全然分からない!っていう方も、楽しくスルスル読めちゃうので、

古典に興味がない人にこそ、おすすめです。

シニカルなコミックエッセイ好き〜〜っていう方が気に入る作品だと思います。

  

本日もいとをかし!! 枕草子